フランス雑貨・ティータオル専門店の通販【横浜ラ・メゾン・ド・レイル】店舗営業時間 平日 10:00〜17:30 土日祝 11:00〜17:00、定休日2/1(水)、 23(木)

【特集】

すべてのフランス雑貨

インスタグラム掲載

ギフトラッピング


【価格別】

〜1,000円

〜2,000円

〜3,000円

〜4,000円

〜5,000円

〜10,000円

10,000円〜


【種類別】

■ホーム&キッチン

ティータオル

エプロン

マグカップ・グラス

鍋つかみ

食器

ハンカチ

タオル

ペーパーナプキン


■ビューティー

ハンドクリーム

石鹸・ボディソープ

シャンプー・コンディショナー

香水・オードトワレ


■食品

食品

チョコレート

マスタード・ソース

輸入菓子

ジャム・リエット・パテ

紅茶・コーヒー


■バッグ

レザーバッグ

トートバッグ

フランスエコバッグ

ポーチ・財布


■アクセサリー

ボタン


■文具

ポストカード・レター


【地域別】

パリ

南仏プロヴァンス

アルザス

ブルゴーニュ


【ブランド・モチーフ別】

アトリエボヌールドジュール

アロマリン

エッフェル塔

エナフ

コントドプロヴァンス

サヴィニャックグッズ

サンタール・エ・ボーテ

サン・ミッシェル

シャルベ・エディション

デュランス

トルションエブション

ナットエニン

パニエデサンス

バラ(ローズ)

フォシエ

プチ・オリヴィエ

プチ・ニコラ

フランソワーズ・パビオ

フレデリックテー

星の王子様グッズ

マリーマルテンス

ラベンダー

ラ・ロシェール

レモン

ロラン・バルビエ


横浜山手のフランス雑貨・会員登録

購入履歴とポイント確認

ログイン

8800円以上送料無料

フランス雑貨ギフトラッピング

フランス雑貨のニュース

テレビ雑誌掲載情報

イベントスケジュール

フランス雑貨のブログ

ティータオル通販

ティータオルとは

ティータオルの使い方

フランス雑貨ラメゾンドレイルのオーナープロフィール

東北支援


2023年 02月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28     
今日
定休日。ネットのご注文は24時間受付
2023年 03月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

  • instagram
  • twitter
  • facebook




 

フランス雑貨ラメゾンドレイル公式通販

 

フランスと聞いて一番に何を思い浮かべますか?エッフェル塔、凱旋門、カフェ、ワイン、クロワッサン、パティスリー、ミュージアム、バレエ、かわいいフランス雑貨…などなど人の数だけそれぞれのイメージがあるのではないでしょうか?私はみなさまの心の奥にあるフランスへの憧れ、思いをフランス雑貨としてお届けし、「ここちよい家」で楽しく暮らせる場所にしたい。そんな思いでフランス雑貨のオンラインショップとお店をオープンしました。今日はなぜフランスを好きになったか、どうしてフランス雑貨の店を始めたのか?コラム形式でお話ししたいと思います。




フランス雑貨通販

初めてフランスへ訪れたのは高校3年生、大学受験が終わった直後でした。
1か月間、アルバイトでためたお金で
当時最も安かった格安航空券、アエロ・フロート航空で高校の同級生とパリに向かいました。
シャルル・ド・ゴール空港からバスでパリ市内へ。
バスから降りると目の前には世界三大劇場の一つ、「オペラ座」があるではありませんか。
トランクを抱えながら黄金に輝くアポロン像とバロック様式の美しいオペラの殿堂を仰ぎ見て
「パリに来た」実感がしました。

それから1週間、エッフェル塔や凱旋門、ヴェルサイユ宮殿などの観光周遊。
ルーヴル美術館、オルセー美術館、ピカソ美術館、
マルモッタン美術館、ギュスターヴ・モロー美術館など数多くの美術館を訪問。
今まで教科書でしか見たことがなかった絵画や彫刻に触れ、
細かい筆致や色づかいをまじまじと観察できたのは
その後、美術大学へ入学後に西洋美術史の授業で知識と経験が結びつき
府落ちしたのです。

初めての海外、初めてのパリは高校生にとってどんなに衝撃だったか、
この感動は筆舌に尽くしがたいものでした。


フランスが好きな理由


フランス雑貨通販

 
大学入学後は初めて訪れたパリの街の美しさに魅了され、 いつか実際に住んでみたいと思うようになりました。
語学学校へ通いながら
フランス独特の芸術文化の豊かさに浸り
もっと深く歴史や背景を知りたいと強く誓いました。
大学の第二外国語はフランス語を取得し、社会人になってからも
心の奥底でひそやかにパリへのあこがれを抱きながら
3年間貯金を貯めました。
それまで神奈川県横浜市から出たことがなかった私は
初めての一人暮らしをパリですることになり
それはもう苦労が絶えませんでした。

アパルトマンの暖房がつかなかったり、
スリに遭って財布とデジカメを盗まれたり
スーパーで買った子羊の肉にあたって3日間寝込んだり。
出発前、入っておいた留学保険に感謝しました。
次から次へと予想外のハプニングが起き、
だんだん動じなくなったのは
フランス留学の経験が大きいと思います。

フランス雑貨店・店主の留学経験

フランス雑貨通販
留学先で出会った人たちはそのまま日本にいたら
出会うことのない人たちばかり。

語学学校の帰り、
話さないとフランス語がうまくならない、と
勇気を振り絞って同級生たちをカフェに誘いました。

旧ユーゴスラビアの内戦から逃れ一家でパリへ移住してきたセルビア人たち。
国営放送で記者をしていたアイスランド人。
祖国の家族のために仕送りしたいと建築の仕事をするポーランド人。
親が石油会社を経営していて40過ぎまで働いたことがないオマーン人。
そしてこのオマーン人と中東情勢についていつもけんかするイラン人。

さらに隣に住むフランス人は小学校の先生で
授業そっちのけ、しょっちゅう「賃上げ要求」のデモに参加。

メトロも労働環境の改善を求めてストライキ。

今まで日本で平和に暮らしていた自分とちがい
バッググラウンドが似ている人など一人もおらず
国の数だけ抱えている事情が異なる。
「なんだかすごいところへ来ちゃったなあ」と
ドラマとエキサイティングが絶えない毎日。

「あなたはどう思う?」
「あなたはどうしたいの?」

いやでもフランス語で話さないと自分の考えが伝わりません。

「空気を読んで遠慮したら損。
はっきり自己主張しないと
このフランスで生きていけない」

と思いしらされ、つたないながら
辞書を片手に一生懸命フランス語を話しました。

日本にいたころよりも地球規模で起こっている社会課題や世界情勢の複雑さにより関心を寄せるようになったのは、あの時、思い切ってカフェに誘った同級生のおかげかもしれません。


フランス留学
日曜日は家族で集まってワイン片手にランチを食べる。
セーヌ川やリュクサンブール公園でワイングラスとフロマージュをもってピクニック。
郵便局はどんなに行列ができようと
閉店時間になったらガラガラとシャッターを閉める。
ルーヴル美術館では子供たちが寝そべって存分にスケッチ。
バカンスはたっぷり2週間。

ホームステイ先の家ではかわいらしいティータオルが無造作にキッチンに溶け込んで50年前のカフェオレボウルを当たり前のようにプチ・デジュネ=朝食で使う。こんな生活を日本でも実現できないだろうか、と考えたときにフランス雑貨のネットショップを開くアイデアが生まれました。

休む時は休むフランス人。生活そのものを楽しむフランス人。
長時間労働&過剰なおもてなしになりがちな日本とはまったくちがい、
プライベートを大事にする働き方、生き方にとても感心しました。



今、目の前に広がるパリの街は19世紀、
ナポレオン3世の時代に行われた都市改造計画が礎となっていて
第二次世界大戦の空襲も大きな災害もなく、
200年近くほぼ変わらない姿をとどめている奇跡の風景です。
エッフェル塔は1889年、パリ万国博覧会の時に建設されたまま。
アパルトマンの壁には建築家の名前と建築した年が刻まれていてよく見ると18--、191-、
と100〜200年経っているものもあり、とても驚きました。

そんな古い建物で毎年、世界中からデザイナーが集まり、パリ・コレが開かれ
周辺のカフェではモデルやファッションエディターたちが今年のトレンドについて語り合う
まるでフランス映画のワンシーンのような風景。
その一瞬をフォトグラファーたちが切り取り、
instagramやTwitterなどSNSで発信していく・・・。
築100年、200年経ったアパルトマンやミュージアムから
最新トレンドのファッションが発信されるギャップもまた
パリの魅力の一つではないでしょうか。
 

帰国後、結局日本人らしいサラリーマン生活を10年経て
山手に小さなフランス雑貨店をオープンしたのは2019年7月14日。
ちょうどフランス革命記念日でした。
革命記念日にオープンしたからといって、
「よっしゃ日本をひっくりかえす!!」といっただいそれた野望はなく。
こうしたパリの空気やフランスの芸術文化にほんの少し思いをはせる時間を過ごして
日ごろの仕事の疲れが忘れられるようなお店ができたらと思い、オープンしました。

旅行好きな方、フランス好きな方に楽しんでいただけるようにラメゾンドレイルにしかないものやかわいいフランス雑貨を集めました。

語学の勉強、留学、渡欧、起業、就職、などなど自分の夢や目標に向かって一歩踏み出したいけれどなかなか踏み出せない、といった方は 「そういえば横浜におもしろい雑貨店があるな」と頭の片隅に入れて頂き、ほんの少し勇気が必要な決断の後押しにもなれればと思います。
お店にいらした方からは「ちょっとパリへ来た気分」
とおっしゃっていただけて店主も嬉しい限りです。
コロナ禍、円安、ヨーロッパ情勢の不安定さがつづきますが
そんな困難にも負けず3年続けてこられたのは何よりお客様のおかげです。
地元の方々やオンラインショップをご利用頂くお客様の応援は何よりも励みになり心より感謝申し上げます。

かわいいフランス雑貨に翼をつけて全国の皆様へお届けし、
少しでもハッピーな時間を過ごしていただけたら
嬉しいです。これからもどうぞよろしくお願い致します。


フランス雑貨ラメゾンドレイル・オーナープロフィール
 
出店中のポップアップストア・催事・イベント情報とフランス雑貨新商品情報

>日本橋、銀座、渋谷、北海道、長野など全国のフランス展やポップアップに出店。フランス雑貨・新商品ニュースはこちら


会員登録するとすぐに使える500ポイントプレゼント

>新規会員登録するとすぐに使える500ポイントプレゼント!※会員登録なしでもお買い物できます